暑くなると思いだす、知り合いから聞いた怖い話し

毎日暑い?40度とかあり得ない気温にびっくりの毎日です。

暑くなるとテレビでは怖い話や映像を集めた特番なんかやります。

怖いけど観ちゃうタイプの私。

こんなとき、知り合いから聞いた怖い話しを思い出します。

真っ暗な部屋で思い出すと嫌な気分になります。

霊感とかはないと思いますが、金縛りは経験者です。

ちょっと不思議な体験談もあったりします。

今回は聞いた怖い話し。

近所に住んでいた女の子、お母さんと茶飲み友達のおばちゃんの家に行きました。

おばちゃんは木造の二件長屋に住んでいて、隣には別の人が住んでいた。

お母さんとおばちゃんは小さな庭に咲く花を見に行き、女の子は部屋にいました。

四畳半の和室で押し入れの上に天袋があったそう。

庭が見えるように戸を開けた状態で、折り紙をおっていたそう。

すると上からザザザ、ザザザと何か音がする。

ザザザという音は少しずつ移動し、どうも天袋の方から聞こえることに気付いた女の子。

不思議に思いながら折り紙をおっていたけどやっぱり音が気になる。

ザザザという音は少しずつ移動し、ピタリと止んだらしい。

音が急に止まり、気になる天袋。

天袋を見つめていたら引き戸がスーッと開いたらしい。

びっくりして庭にいるお母さんの所にあわてて逃げた女の子。

なんかいる?上になんかいる?と必死に話した女の子。

お母さんが天袋を確認すると何もないよ?音もしないよ?と言う。

そんなことない?必死に話したその時、横にいたおばちゃんがポツリと言った。

出てきたのかな?

おばちゃん知ってるんだ、それ以来おばちゃんの!行くのは辞めたらしい。

しばらくしておばちゃんは引っ越し、二件長屋も取り壊した。

なんか聞こえたり、視ちゃったりする対質なのかちょこちょこあるんです。

近所でお悔やみがあった時、亡くなったお祖父さん、お家に入って行ったよ?とか。

不思議な体験ではあります。

大人になったらパッタリなくなって本人曰く、開放されたとのこと。

不思議なことってあるんですね。アイフル 土日 問い合わせ